ゴールドスリーサイトウバナー
前のページへ戻る

ご存じですか?

 
一回の取引金額関わらず、年間の利益が50万円を超える場合は、
ご自身で確定申告を行う必要があります。
 

金地金などを売却して得た利益は「譲渡所得」と呼ばれ、年間の合計額で50万円を
超える利益が出た場合は、お客様ご自身で確定申告を行って頂く必要があります。

ただし、地金の売却益とその他の「譲渡所得」の売却益を合わせた金額に対して
年間50万までの特別控除があります。

購入後5年以内で売却した場合⇒ 短期譲渡所得=売却益-50万円
購入後5年超で売却した場合⇒ 長期譲渡所得=(売却益-50万円)÷2

※短期と長期譲渡の2種類に分かれる場合の税金に関しては、
最寄りの税務署か 税理士にご相談ください。

お客様が 金地金を売却する際、1回の売却で200万円を超える場合は、
お買取事業者(田中貴金属工業や弊社特約店等)に
そのお取引の内容を「支払調書」という書面に
記載して所轄の税務署へ転出する事が、義務付けられます。

 

Q&A

 
Q1
「確定申告」
金地金を売ってその代金で金貨を購入しました。
買い替えなので確定申告の必要はありませんよね。
A1 そのような税務上の特例はありません。
買い替えが目的であっても、金地金の売却と金貨の購入が一連の取引とみされません。
金地金の売却で発生した利益の額によっては、
お客様ご自身で確定申告を行って頂く必要があります。
Q2
「支払調書」
支払調書の対象となる貴金属は何ですか?
A2 金地金・プラチナ地金・および金貨・プラチナコインです。
銀地金・パラジウム地金や貴金属ジュエリーなどの製品の売却は対象外です。
Q3
「支払調書」
事業者が提出する「支払調書」には、何が報告されて、いつ提出されるのですか?
A3 お客様の住所・氏名
売却した貴金属の種類及び数量、支払額、支払年月日となる予定です。
支払の確定した日の属する月の翌月末までに所轄の税務署に
「支払調書」を提出する必要があります。

 

京都で唯一の田中貴金属特約店
Copyright © 2003 Gold Three saito All right reserved